新着情報

さつまいもの収穫

先週の金曜日、子どもたちとさつまいもほりに行ってきました。

今年は苗植えもお世話も全くできずに迎えたおいもほり。

”ちゃんとできてるかなぁ”

”きっと、代わりにお世話してくれてるよ!”

と、少しどきどきしながらバスで向かいました。

 

着くと、畑には土からぽこんと頭を出したさつまいもが・・・。

土が硬くて子どもの力では掘れないくらいになってしまっていたので、少しだけお手伝いしてくださっていたようです。

子どもたちはその様子を見て、”うわぁ~!さつまいもあるー!”と大喜び。

 

お世話をしてくださった方から、

『すぐに食べずに2週間置いておくとおいしくなること』

『泥を手で落として、新聞紙にくるんで陰に置いておくこと』

『おいもは水に弱いから濡らさないこと』

など教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、さつまいもを掘っていきます。

つるが伸びている場所をスコップで掘ったり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

力を入れて思いっきり引っ張ったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、すぽんとは抜けず、勢い余ってしりもちをついてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穫れたのは、おおきなおおきなおいも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さい子たちは持ちきれないくらい、たくさんのさつまいもを収穫することができました。

”重いーーーー!!”

それでも自分が収穫したさつまいもをしっかりと園まで持って帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、年長児は今週の水曜日、このさつまいもを使ってスイートポテト作りをしました。

皮をむいて切り、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆでていきます。

その間に、砂糖・牛乳・バターを計り、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卵も自分たちで割って、溶いておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして茹でられたら、潰して、先ほど計った牛乳、砂糖、バターを入れて混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

 

よーく混ざったら、形を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸く作ったり、星型に作ったり、思い思いの形を作り、

卵を塗って、ごまをかけてオーブントースターで焼きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できたスイートポテトはあまくてとろとろで、秋の味がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さつまいもを作ってくださった方に感謝の思いを持ちながら、楽しい楽しいおいもほりができました。

 

 

投稿日:2021/10/29 カテゴリ: