新着情報

†  健やかな成長を願い 寄り添う 2021/08/10

 幼稚園を訪問すると、近くの園児に「マリアさまはどこ?」と尋ねます。

 園庭のマリア像や廊下に掲示された画像へと招かれ、ときには絵本のマリアさまを見せてくれます。園児たちの目は輝いています。

 どの場面のマリアさまでも良いのです。園児たちが、寄り添ってくださるマリアさまの〝心〟をどう感じているかが大切だと思うのです。

 「寄り添う」を辞書で見ると、「離れずそばにいる」、「ぴったりとそばへ寄る」(類語国語辞典・角川書店ほか)とあります。キーワード「そばにいる」の言葉から、そばにいて優しく見守り、必要に応じて援助するという姿が浮かんできます。

 ご家庭ではいかがでしょう。お母さんは家事などに追われ、「早くしなさい!」、「それはダメ!」などつい口を出してしまう。お父さんは仕事で忙しく寄り添えない…などの相談が寄せられます。

 そんなとき、当学園(8幼稚園)が積極的に実践しているモンテッソーリ教育説明会への参加をお勧めしています。「科学的教育法」として確立されたこの教育は〝寄り添う教育法〟だと確信しているからです。内容によって家庭でも取り組めるのが特徴です。寄り添う姿で私自身、忘れられない「足あと」と題する詩をお届けします。

 

   *   *   *

 

ある夜、わたしは夢を見た。

神さまと二人並んで、わたしは砂浜を歩いていた。

 …………

砂の上に、二組の足あとが見えていた。一つは神さまの、そして一つはわたしのだった。

 …………

しかし、最後にわたしが振り返って見たとき、ところどころで足あとが一組だけだった。

 …………

「わたしの愛する子どもよ、わたしは決してお前のそばを離れたことはない。お前がもっとも苦しんでいたとき、砂の上に一組の足あとしかなかったのは、わたしがお前を抱いていたからなんだよ。」 (M・パワーズ)

 

―女子パウロ会のポストカードからー 

 

 

 

学校法人ロザリオ学園

理事長補佐 森岡源三

Copyright (C) Rosario Educational Institution. All Rights Reserved.