新着情報

†  聖母月 2021/06/02

 新学期が始まり、あっという間に6月になりました。春の訪れとともに、美しい花が次々咲き、素晴らしさを感じる毎日です。

 道後聖母幼稚園の園庭のマリア様は、いつも微笑みかけてくれ、やさしい眼差しで子どもたちのことを見守ってくださっています。子どもたちは、マリア様の愛に包まれ心地よさを感じ、安心して園生活を送っています。

 カトリック教会では5月は、聖母月として、聖母マリアに、愛と敬意を捧げる月としています。当園では、5月のこの聖母月を特別な月として、毎年「マリア祭」を行っています。今年は、5月31日に「マリア祭」を行いました。当日、子どもたちは、マリア様に感謝を捧げるため、一人ひとりマリア様が大好きな「花」を大切に扱いながら登園してきてくれました。園内が優しい花の香でいっぱいになった頃、神父様と一緒に感謝の祈りを捧げ、献花を行いました。

 

 

 

 

 母なるマリア様に心を込めて「アヴェ・マリアの祈り」。年長児の代表が前に出て、マリア様へ感謝を伝えました。

 

 ♪マリアさまのこころ  そらのとり♪ 子どもたちの清らかな歌声が響きました。

 神父様から祝福の聖水をいただき、神様の恵みを授かりました。

 子どもたちから捧げられた花は、郵便局と消防署、近隣のお世話になっている方々へ「子どもたちのメッセージ」を添えて感謝の花束としてお届けしました。

 

 カトリック幼稚園で出会う「マリア様」は、子どもたちの清らかな心に平安をあたえてくれています。そして、園で出合う「アヴェ・マリアの祈り」は、いつも心の中で生き続け、大人になっても、見守られ、愛されていたことが心の根っこに育まれていると改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 ~「マリア祭」の日に、卒園児(大人の方)から「マリア祭 おめでとうございます。」と大きな花束が届きました。毎年、卒園生のHさんから感謝のメッセージとともに届けられています。カトリック幼稚園で過ごしたたくさんの良い出会いが、今も心の喜びに繋がっていることに、私たちも大きな喜びと希望を感じています。♰ 神に感謝 ~

 

道後聖母幼稚園 

園長 松本 綾美

Copyright (C) Rosario Educational Institution. All Rights Reserved.