本園の特徴

教育精神

教育精神
  • 幼児の尊厳と内在力への信頼をもとに、人として独り立ちできる個の確立
  • 人間らしい心の育成をはかると共に健康的で明るくたくましい個の確立
  • キリスト教幼稚園として、神を敬い周囲の人々への感謝と思いやりの心を育てる

教育方針と特色

「私がひとり立ちできるように手伝って」という子供の内面の声に応え、モンテッソーリ教育による保育形態をとり、毎日を生き生きと意欲的に生活出来るように、人的、物的環境を整え、自分で考え自分で選び、自分で実行していく自由な環境の中で「よりよい生活」をする。
クラス編成
イタリア人女性医師マリア・モンテッソーリ(1870~1952)が提唱し実践した教育方法です。
教師が勝手に子ども像を創造したりこうあるべきだと画一化された保育を行ったりするのではなく、一人一人のあるがままの姿を捉え理解し、子ども自身が興味や関心をもちやすい教育的配慮のなされた環境の中で、自ら「考え」「選び」「実行していく」ことができるよう導いていまいります。
人的環境
幼稚園生活を大勢で一斉に行う活動を主体に生活するのではなく、「やってみたい」ことを自ら見つけ準備をしたり方法を考えたりしながら自分の生活を楽しめるよう進めます。
しかし、初めから自分で見つけ出していくのは難しいことです。まずは友達の活動を見たり教師と一緒に取り組んでみたりしながら「楽しかった」「もう一回やってみたいな」「次はどうなるんだろう?」と次第に自分で楽しめるようになります。大勢の中では伝わらなかったり楽しめなかったりしたことも、自分のペースで進め積み重ねていくことで「わかった!」「できた!」を実感することができ、分からないまま・出来ないまま次に進むことがなくなり、自信をもって活動する意欲が育ちます。
物的環境
「あの人がしてること私もやってみたいな」
縦割りクラスの中ではモデルとなる存在の人が常に近くにいます。そしてその人はいろんなことを自分よりよく知っていて、困った時に手伝ってくれます。こういった関係はこと細かく伝えて備 わったのではなく、自分もそうやってきてもらったという経験から、小さい人が泣いている時も、困っている時も、怒っている時も、喜んでいる時も、自分も通ってきた道なのでどう接すればよいか 年上の人たちはよく分かっているのです。
受け入れてもらい満足した生活を繰り返した人は、相手のある生活を受け入れるのが上手になります。
年上だから年下だからではなく、同じ仲間として子どもたちは園生活を送り、頼れる存在・頼られる 立場を身近に感じながら、相手を思いやる心が育っていきます。
縦割り生活ばかり?
全ての活動を縦割り生活で送っていると、大きい人には簡単すぎたり、小さい人には難しすぎたりすることが必ず出てきます。
そこで、学年別での活動の時間も設け、縦割りの中では伝わりきらなかったことをその学年に合わせた内容や方法で伝えたり取り組んだりしています。
また、学年別の活動の時間は集団活動の時間となり、普段の個人活動との違いなども知らせると共に、クラスで補えなかったことを学年活動で、学年活動で伝わりきらなかったことをクラスでもう一度と多方面からのアプローチが何度もあることで、曖昧だった理解が明確になっていきます。

ブログ一覧へ

2018.06.28
春のいろ
  • 今月の行事予定
  • 学校法人ロザリオ学園
海の星幼稚園
〒791-8076
愛媛県松山市会津町6-1
TEL 089-951-1717