新着情報

こいのぼり

今年は新型コロナウイルスのため、5月5日子どもの日までにこいのぼりの製作ができず、

自粛明けの今、子どもたちはこいのぼり作りを楽しんでいます。

 

年少さんは、シールをうろこ代わりに貼ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

”たぬき!””くるま!””いちご!”と何のシールか教えてくれながら、

何枚も、何枚も好きなシールを選んで貼っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

中にはこんなにたくさん作った子も!!

びっしり作れて大満足。大家族のこいのぼりですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年中さんは、画用紙を折るところから始めます。

線の通りに画用紙を折り、しっぽを切って、形を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、好きな色のうろこを選び、のりで貼り付けます。

うろこにのりを端から端までしっかりと・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のりやはさみ、そして”折る”ということが生活の中で随分身に付いてきている年中さん。

年少さんのようにたくさんは作れませんが、心を込めて丁寧に作り上げたこいのぼりは宝物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年長さんの製作はもっと考えて作る部分がたくさん。

線も何もない画用紙を折るところから始めます。

折り方を見ても、やはり年長児。まっすぐに、しっかりと、丁寧に折っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

しっぽも、自分で線を引き切ります。

ですので、よーく見ると1匹1匹少ししっぽの形が違うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

うろこや目玉も型をとって・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貼る時も、のりは端だけ。重なるように貼っていくと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

本物の魚のうろこのようになります。

裏は色を一列ずつ揃えてみたそうです。おしゃれで可愛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

吹き流しや、

 

 

 

 

 

 

 

 

かざぐるまも作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

かざぐるま、風にあてるとこんなに回りました!!

1枚の画用紙でこんなによく回るかざぐるまができるなんて不思議ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの素敵なこいのぼりができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと遅くなってしまったけれど、おうちに飾って”元気に大きくなっていること”、お祝いをしてくださいね。

投稿日:2020/05/22 カテゴリ: