新着情報

†  地域の支えを感じながら 2020/05/07

 2020年、新年度。
 それは、新型コロナウイルスの感染拡大が世界中を脅かし、不安に包まれた中でのスタートであった。
 園でも、手洗い、消毒、マスク着用の徹底、密接、密集、密閉の回避など、感染拡大防止のための対応、対策に緊張感をもって取り組んでいた。
 そんなある日、近隣の方より、“子どもたちのために使ってください”と、子ども用のマスク1箱が園に届けられた。園では在庫のマスクが底をつき始め、なかなか手に入りにくい時でもあったため、大変ありがたかった。
 そして何より、地域の方に見守り支えられているということを、改めて実感し、感謝するとともに励まされた思いであった。
 この体験を機に、私共職員も、今子どもたちにできることは何か…と考え、園児のマスクづくりを決めた。

 

 皆でミシンを持ち寄り、子どもの健康と安全を祈りながら、
190名分のマスクを作成し、無事、新学期に子どもたちに手渡すことができた。

 

 

 まだまだ収束の兆しが見えない新型コロナウイルス感染拡大は、暮らしや教育の中にも大きな影響をもたらし、不安と閉塞感にさいなまれている。こんな時だからこそ、人と人との温かなつながりを感じながら、今、それぞれができることを行い、力を合わせ、乗り越えていきたいと思う。

海の星幼稚園
園長 上田 礼子

Copyright (C) Rosario Educational Institution. All Rights Reserved.