新着情報

卒園式

先週、3月19日、無事に卒園式を行うことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度は例年よりもバタバタとした年度末でしたが、なんとか子どもたちを送り出せたこと、

心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

赤いじゅうたんをしっかりと歩いてくる姿。

感謝の言葉を述べる姿。

心から思いを込めて歌を歌う姿。

そして、赤いじゅうたんを歩いて巣立っていく姿。

 

どの姿もとてもかっこよく、年長児らしい姿でした。

本当は、この姿を年中の子どもたちにも見てもらいたかったです。

 

年中児は2年間、年長児と一緒に過ごしてきました。

本当のおにいちゃんのような、おねえちゃんのような年長児を心から頼りにし、心から慕ってきました。

その年長児が卒園してしまうこと、年中児はどのように受け止めているのでしょうか。

 

ある年中の女の子は、ふと手紙を書き始めました。

 

”なふだがひよこだったときにやさしくしてくれてありがとう”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”いっしょにおりがみをしてくれてありがとう”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”ちいさいときにおりがみをおしえてくれてありがとう”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”いままでやさしくあそんでくれてありがとう。ときどきようちえんをおもだしてあそびにきてね”

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとクラスの年長児全員分を書きました。

この子の言葉で、ありったけの思いを込めて書いた手紙。

年長児の心にしっかりと届いたはずです。

 

いろいろな人がそれぞれ様々な思いを抱えて迎えた卒園の日。

涙と笑顔が溢れる素敵な一日になりました。

これから私たちの元を巣立ち、大きくなっていく子どもたちはどんな人になるのでしょうか。

どんなことに興味を持ち、どんな人と出会い、どんな毎日を送るのでしょうか。

私たちは、その子がその子らしく毎日を楽しんでくれることを祈りながら、ここから見守っていきたいと思っています。

 

年長さん、楽しい毎日をありがとう。

また会おうね。

投稿日:2020/03/23 カテゴリ: