卒園生・保護者の声

†  天使幼稚園 卒園生の声 2013/08/13

僕が天使幼稚園に入園したのは今からちょうど10年前のことです。ドキドキしながら、母親に連れられて天使幼稚園の門をくぐったことを、今でも覚えています。

僕はとてもマイペースで、ひとつのことに集中してしまうと周りが見えなくなるところがあります。初めての集団行動に慣れず、幼稚園に入園した頃は、そのマイペースを発揮して、友達にも先生たちにも迷惑をかけました。でも、天使幼稚園の先生方は、そんな僕を温かく見守ってくださり、「無理にみんなと合わせなくても、ゆっくり自分のペースでいいんだよ。」と言ってくださいました。周りの友達にも、「琉音くんには琉音くんのペースがあるからね。待っててあげてね。」と話をしてくださり、こんなマイペースな僕にも仲のいい友達ができました。おかげで、僕は僕なりのペースで、それからの幼稚園生活とてものびのびと楽しく過ごすことができました。ちょっと、マイペース過ぎたかもしれませんが…。

また、園長先生の前で、たまたま覚えていた1から100の数字を英語ではなした時、園長先生にたくさん褒めていただき、とても嬉しくてヤル気が出て来たことを覚えています。
そのおかげで、とても英語が好きになり、中学の英語はとてもスピードが早いのですが、なんとか授業にもついていけています。

僕は今、愛光学園に通っています。それは、夢の実現のためでもありますが、天使幼稚園に通っていなかったら、愛光学園に行きたいという強い気持ちはおこらなかったかもしれません。
僕にとって天使幼稚園で過ごした三年間は、僕の進むべき道をしめしてくれた貴重な三年間だったと思います。

愛光中学二年 中西 琉音

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Copyright (C) Rosario Educational Institution. All Rights Reserved.