新着情報

節分

今週の月曜日、2月3日は節分でした。

小さい子どもたちは、鬼が来るこの日をどきどきと不安な気持ちで待ち、

年中児、年長児たちは”早くやっつけるぞ!”と楽しみな気持ちで待っていました。

 

クラスの入り口には、先日の森育でいただいた”たらの木”を切って作った鬼食いを飾ります。

鬼が入ってきませんように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、この日に向けて鬼のお面も作りました。

年少さんも、のりやはさみをうまく使うことができるようになり、

線の上をきっちり切ったり、必要なところに必要な分だけのりをつけたりと

普段の生活で様々なことが身に付いてきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い思いの顔を描き、可愛い鬼ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できあがったお面が嬉しく、毎朝登園するとかぶってみる子も・・・。

豆まきをするのが楽しみになってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満3歳児の子どもたちも、顔を描きお面を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだうまく『顔』にはなりませんが、子どもたちにとっては『顔』なんです。

自分が作ったお面を誇らしげに、みんなでかぶって嬉しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれのお面を作り、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

節分の日を迎えました。

鬼になった先生たちに、みんなで豆を投げます。

”鬼は~外!!福は~内!!”

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで楽しく、力を合わせて、幼稚園に来た鬼をしっかりとやっつけることができました。

 

 

そしてクラスへ帰ってからは、豆を食べて、心の中の鬼をやっつけます。

「どんな鬼がいるのかな?」と尋ねると、

”ちょっと意地悪言ってしまう鬼”

”お兄ちゃんと喧嘩してしまう鬼”

”泣いてしまう鬼”

と、それぞれの鬼を子どもたちは見つけていました。

 

”年の数だけ”豆を取ります。

年少さんも、「いち、に、さん、し」と数えて自分で豆を取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで豆をいただき、心の中の鬼をやっつけられたかな?

 

 

立春を迎え、春の気配が近づいてきています。

季節の変わり目にやってくると言われている鬼(邪気)を今年も追い払うことができました。

子どもたちはおうちでも「みんなで豆まきしたよ」「巻き寿司作って食べた!」「いわしも食べたよ」と、

節分の日を楽しんだようです。

 

またこれから1年間、悪いことのない、良い1年を過ごせますように。

良い心で過ごせますように・・・

投稿日:2020/02/07 カテゴリ: