ブログ

みかんジュース作り体験

1月16日(木)

地場産物食育推進事業として

宇和島市役所の農林課、福祉課の職員の方を講師にお迎えし

みかんジュース作り体験をしました。

 

まずはじめに、柑橘の種類についてお話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンを見ながら、

「ひらたいみかんとまあるいみかん、どちらのみかんがおいしいでしょう?」

A:ひらたいみかん

「みかんのふさのかずは、10コ以上でしょうか?それより少ないでしょうか?」

A:10コ以上

クイズ形式で学ぶことができました。

 

〈 みかん搾り体験開始  〉

●大型ジューサー

不思議や不思議、

上からみかんを入れると、下からジュースが出てくるという大型ジューサー🍊

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちも、1人ひとり、ジューサーにみかんを投入です!

みかんの行方を目で追いかけると・・・。

「わぁ、でてきたー!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●シトラスジューサー

包丁でみかんを半分にカット。その後、みかんを手搾りしていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●飲んでみよう!

2種類の方法で搾ったみかんを飲み比べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

甘さは同じだとか。

それでは、違いはどんなところかな???

『こっちはサラサラ、そして、こっちのはツブツブ。』

なるほど!!!

子どもたちの感想から、

大型ジューサーはしっかり搾れて汁がメイン☆

手搾りはほのかに果肉が残ってて手作り感あり♡

このように解釈をしました。

 

みかんに含まれるビタミンCには、免疫力を高めて風邪などの

病気予防の効果が期待できるそうです。

様々な病気の流行るこの時期、積極的に摂りたいですね。

 

すごく重たい大型ジューサー、2階遊戯室まで運んでいただいたんです。

その他の機材や材料の準備までしていただきました。

農林課、福祉課の職員のみなさまありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2020/01/29 カテゴリ: