ブログ

クリスマスを待つ(待降節)

12月になると、こどもたちはクリスマスの準備をします。

 

 

 ♪ジングルベール ジングルベール・・・♪と自然に口ずさみながらツリーに飾り付けをする子

 

 

  

 

みんなで馬小屋も飾ります。

 

「かみさまは、馬小屋で産まれたんだよ」

 

 

「ここに置いてあげよう」

 

年長児は自分たちが演じる聖誕劇を思い浮かべているようです。

 

 

 

 

こちらは、アドベントクランツ。

クリスマスまでの1ヶ月。

1週間1週間ローソクに火をつけながらまっています。

 

 

 

クリスマスはイエス様の誕生日。

年長児は聖誕劇の練習をする中で少しずつ25日がどういう日なのか分かってきます。

誕生日お祝いしないと!!

 

 

「お手紙書くね」

 

~イエスキリストさまへ おたんじょうびおめでとう いつもわたしたちをみまもってくれてありがとう~

 

「プレゼントも作るよ」

みんなで誕生日をお祝いします。

 

 

こちらではひつじを作り飾っています。

そう、イエス様が誕生した時、ひつじたちも一緒にお祝いしました。

 

 

 

 

 

心の準備もします。

イエス様にどんな心プレゼントしようか?

「優しい心」「ともだちと仲良くする心」

こどもたちも、自然とどんな心を喜んでくれるか、どうすればいいか知っているようです。

 

イエス様の誕生を待つこの時(待降節)、幼稚園中に優しい心、喜びの心であふれています。

 

カトリック幼稚園としての伝えたいクリスマス。

イエス様の誕生日をみんなで心待ちにしています。

 

投稿日:2019/12/27 カテゴリ: