新着情報

クリスマス会

先日の土曜日は、クリスマス会でした。

子どもたちは、1か月ほどの間、イエスさまのお誕生日をお祝いする、

このクリスマス会に向けて準備をし、この日を楽しみにしていました。

それぞれの子どもたちが、それぞれの思いでこの日に向き合い、お祝いの気持ちを伝えられたと思います。

 

満3歳児、2歳児の子どもたちは手遊びとすずでお祝いしました。

サンタ帽子をかぶった姿は座っているだけでも”かわいいー”と声があがるほど。

涙が出て、先生の膝の上にいた人もいましたが、その姿もかわいらしいですね。

年長さんたちも座席で応援してくれて、ドキドキしながらも精一杯できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年少さんは、かわいい踊りを見せてくれました。

子どもたちは、この踊りが本当に大好きで、踊るときにはいつもにこにこ笑顔になります。

生き生きと、元気いっぱい、かわいく踊ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年中さんは、合奏と歌。

クラスでいつも使っていた楽器などを使ってみんなで演奏しました。

自分がしたい楽器を選ぶところから始めましたが、やはりおおだいこなど大きいものや珍しいものが人気で・・・。

子ども同士で話し合いをしながら、どの楽器をするか決めていきました。

みんなで心を合わせて合奏をすることを楽しみ、素敵な音楽を届けてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、年長さんは聖誕劇をしました。

イエスさまがお産まれになるまでの物語を子どもたちで演じます。

たくさんの役がある中で、その役の特徴や役割を知り、自分が演じたい役を選びました。

中には、話し合いをしてもなかなか決まらず、涙を流しながら話し合いをした人もいました。

それくらい強い気持ちで選びができるような育ちになっている年長児。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が選んだ役を一生懸命演じ、クリスマスの本当の意味を伝えてくれたと思います。

 

 

今、大人でもクリスマスの本当の意味を知らない人はたくさんいます。

その中で、私たちはカトリック幼稚園としてこの日のことを大切に大切に、子どもたちに伝えてきました。

それを、この日は子どもたちが、見てくださった皆様に、伝えられたのではないかなと思います。

 

本当のクリスマスの日はまだもう少し先ですが、その日まで心穏やかに、よい心で過ごせますように。

 

お越しくださった皆様、ありがとうございました。

投稿日:2019/12/17 カテゴリ: