新着情報

†  大切な仲間 2019/08/22

先日、若葉幼稚園のお泊まり保育がありました。

何日も前から子どもたちのワクワク感は、私たち大人にも伝わってきました。

 

「キャンプファイヤーが一番ワクワクするー。ドキドキするー!」

「宝探しが楽しみなんよ!」

「スイカ割りも、そうめん流しも、ぜーんぶぜーんぶ楽しみ!」

「マリアさま、早くお泊まり保育の日にしてください。」

お祈りをしている子どももいました。

 

その反面、不安を隠しきれない様子の子どももいます。

「どこに寝るん?お布団あるん?」

「おふろはどうするん?」

「夜になっても寝れんかったらどうするん?」

「ママに会いたくなるかもしれん」

質問攻めにあって、私は困ってしまいました。

 

そんな時に、仲間っていいな。友だちの存在ってすごいなと思うことがありました。

 

不安いっぱいの友だちの顔をそっと覗きこんで、

「いっしょのお布団で寝ようね。手をつないで寝ようね。」

「一緒に寝ようって〇〇ちゃんも誘ってみようよ。」

 

今にも泣きだしそうな友だちの横にじっと佇んで、

この友だちのために何かしてあげたい。そう思っているようでした。

 

お泊まり保育の当日、そのお子さんは、とても不安そうな表情で涙を浮かべながらやってきました。

お母さんと離れるのがつらくてつらくて。しかし、それをぐっと我慢しているようでした。

家族と丸一日離れて過ごすということは、大人が思っている以上に、子どもにとったら不安なことだろうと思います。

 

「ねえねえ、今日はいっしょに寝ようね。」

「約束だよ」

「楽しみ楽しみ。カレーもつくるんよね」

「どんな花火なんやろ。バーン、バーンっていうかな」

 

そう言って、友だちがそっと手をつなぎます。

不安で緊張していた表情が、少しずつ和らいでいきました。

 

縦割り保育の中で育つものはたくさんあります。

相手のことを思いやる優しい心だったり、

豊かなコミニュケーション力だったり。

縦割り保育の中で3年間一緒に過ごしてきた友だちは、本当にかけがえのない大切な仲間になるのでしょう。

 

私たちは、生活をしている中で、様々な困難に出会います。その困難から逃げ出したいと思うこともあります。

でも、そのつらさやしんどさをわかってくれる人がいるか、いないかが問題なのでしょう。

つらさをわかってくれる人がいれば、そのつらさに向き合えることができるのかもしれません。

一人でがんばらなくていいよ。って、分かってくれる仲間がいるだけで、どんなことでも乗り越えていけるのだと思います。

 

お泊まり保育の夜

だんだん辺りが暗くなり、多かれ少なかれ不安を感じている子どももいました。

しかし、大切な仲間が近くにいるだけで頑張れたようです。

できるだけ子どもたちだけで生活させたいと願ったお泊まり保育。

きっと、友だち同士のつながりは、より一層深まったことと思います。

幼稚園の友だちは、大切な大切な一生の仲間になることでしょう。

(少し羨ましく思うほどでした。)

                              若葉幼稚園

                              園長 松木信子

Copyright (C) Rosario Educational Institution. All Rights Reserved.