ブログ

魔法の美術館

6月28日(金)に年長児の園外保育で愛媛県美術館で展示中の【魔法の美術館】の鑑賞に行きました。

いつもより少し早めにお弁当を食べて・・・

出発です♪

「たのしみだな~!」「どんなところかな??」

ワクワクした表情の子どもたち。

「ついたー!!」「かんばんだ!なんだかキラキラしてるね!」

期待に胸を膨らませ、いざ入館☆

 

歩いたところが光る小道や・・・

真っ白な絵本。場所を変えると・・・

「せんろがでてきた~!」

お話がでてきました!!

「いないいない、ばぁ~☆」

表情を変えると自分の顔がアイコンに!

「えっ・・わたし、こんなかお???」

 

 

光のテーブルに手をかざすと陰から動物が飛び出ます。

「わー!!!まほうみたい!!!」

大きな丸●が影に当たると飛び跳ねます。

手を動かしたり、ぴょんぴょん飛び跳ねてみたり。

中にはずっとヘディングしている子もいました。

 

車を走らせると線路や道路が描かれるものもありました。

 

他にも、紹介しきれないほどたくさんのデジタルアートがありました。

(楽しすぎて、動きすぎて写真が追い付かないものもたくさんありました!)

子どもたちは体験しながらアートを感じられて大満足!

 

「あ~たのしかった!」「またいきたいね!」「BさんとCさんにもみせてあげたかったなぁ~」

帰りのバスでは口々に感想を言い合う姿がみられました。

 

同じ体験を通しても感じ方や感想はさまざまです。

このように体験を通して、友だちと感想を言い合うことでいろいろな考えに触れたり、芸術に感銘を受けたり、自分も表現をたのしんだり・・

子どもたちの豊かな情操につながればいいなと思います。

ぜひ、夏休みを利用してご家族で足を運んでみてください。

子どもたちならではの発見や楽しみ方があるかも!?しれません♪

投稿日:2019/07/02 カテゴリ: