ブログ

†祈りの時間

月に1度、教会のお御堂におじゃまをして

神父様にお話をしていただく『祈りの時間』をもっています。

 

6月12日(水)、今年度2回目の祈りの時間がありました。

この日の朝、

「きょうって、かみさまのおへやにいくひよね?」

「しんぷさまのおはなし、なにかなぁ?」

子どもたちも楽しみにしている様子です♪

 

神父様は、まず、絵本の読み聞かせをしてくださって、

その後、子どもたちにわかりやすくお話をしてくださいます。

子どもたちのつぶやきにも耳を傾け、答えてくださいます。

時に、「こんな時みんなだったらどうする?」と問いかけて、

子どもたちも自分なりの回答で答える場面もあります。

 

先月は『ちいさなたまねぎさん』という絵本。

今月は『あーんあん』『いやだいやだ』『ねないこだれだ』の3冊。

 

 

 

 

 

 

 

 

神父様は4月末、大阪から宇和島にいらっしゃったばかり、

関西弁でお話をされます。

だからでしょうか、どこか親しみやすい雰囲気があります。

退場する際には、園児1人ひとりとハイタッチ!

子どもたちも神父様が大好きです。

 

先日のお話では、

「みんなは、たくさん寝てるかな?夜遅くまで起きてる人いないかな?

たくさん眠ること大事だよ。そうじゃないと、『あーん、あん』と涙が出たり、

『いやだいやだ』になったり、ひょっとすると、『ねないこだれだ』のおばけに

つれていかれるかもしれないからね。」という内容でした。

 

その次の日、

「おはようございます!」とさわやかな笑顔で登園してきた女児がいました。

「せんせい、わたし、きょうはいっぱいねてきた」と女児。

その保護者の連絡帳には、

神父様のお話から、その日はいつもより早く支度をして

眠りについたということが記されてありました。

神父様のお話を受けて、女児自身が考え、そのことをお家の人へも伝えて

実践した様子が浮かんできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2019/06/18 カテゴリ: