新着情報

ひとつおおきく

 

昨年度の終業式の日に、子どもたちは新しい名札をもらった。

 

                 

 

縦割り保育の中で過ごす子どもたちにとって、名札が変わる時というのは

とても意味のある大切な瞬間だ。

 

先生から新しい名札を付けてもらうとき、子どもたち一人一人から様々な表情が伺えた。

          

 

一つ大きい学年になることへの喜びや期待で、子どもたちの背筋がピンと伸びたような気がした。

 

 

4月11日 入園式

 

 

 

 

海の星幼稚園に新しいお友達がやってきた。

 

 

お父さんお母さんにぴったりとくっついてやってきたお友達たち。

これから過ごすお部屋の中を、目をきらきらと輝かせながら見まわった。

          

 

 

 

入園式には年長児が参列。

          

新しいお友達を前に

にこやかな笑顔や凛とした表情が見え

とても頼もしく感じられた。

 

 

 

新しいお友達は、静粛な雰囲気に少し緊張。

      

 

おうちの方の手を握る小さな手に

いつもより力が入った。

 

 

しかし式中、ピアノの音が流れてくると

先生や年長児、おうちの方の声に包まれながら

歌や手遊びを楽しんだ。

 

 

 

 

 

 

肩の力が抜けて、柔らかな笑顔を浮かべるみんな。

幼稚園ってたのしいな。

 

 

 

 

さあこれから、新しい生活が始まるよ。

どんな楽しいこと、素敵なことが待っているのだろう。

 

どきどきしても大丈夫。

                    

幼稚園にいるたくさんのお兄さんお姉さんが

みんなの力になってくれるから。

 

投稿日:2019/04/24 カテゴリ: