ブログ

待降節

 

 

 

 

 

 

 

今年もイエス様をお迎えする季節がやってきましたね。

12月に入り、みんなで馬小屋を飾りました。

「たいこうせつってなあに?」と年少さん。

「イエス様がお生まれになる日をみんなで準備しながら待つんだよ。お祝いの準備をしたり、イエス様が喜んでくださる素敵な心になれるよう準備をするの。」

「ふ~ん。」

「どんな人が喜ばれるかな?」

「優しい人!」「幼稚園やすまない!」

「そうだね。自分たちのできることをしていこうね(*^^*)」

 

そんな会話をしながら馬小屋の飾り付けをしました。

 

 

 

 

 

 

 

毎日、思い思いに作ったイエス様への飾りが少しずつ増えていっています。

 

 

降園の集まりではアドベントカレンダーで25日までの日にちを楽しく待ちます♪

「今日は何の飾りかなあ!」

「25日は何がでてくる?」

子ども達もウキウキソワソワ!

 

毎週金曜日にはアドベントクランツのキャンドルに火をともし、お祈りをします。

「天使のキャンドル?私の役と一緒だ!」

降誕劇での話や役と重ね合わせています(^^)

 

一本ずつ増えるキャンドルに目を輝かせて先生の話に聞き入る子どもたち。

 

 

 

 

 

 

 

それだけイエス様がお生まれになったことは子どもたちにとって魅力的な出来事のようです。

 

12月24日、子どもたちが素敵な心でその日を迎えられますように。

みんなで楽しみに待ちましょう☆彡

 

 

 

 

投稿日:2018/12/07 カテゴリ: