新着情報

2学期が始まりました。

2学期が始まって2週間が経ちました。(なかなか更新できず、申し訳ありません。)

”早く友だちと遊びたい!!”と子どもたちはしたいことが山盛りで、楽しみにしていたにも関わらず・・・

2日間も大雨警報で休園になってしまうなど、ご迷惑をおかけしました。

 

ですが、楽しいこともあり、年長児は7月の豪雨で延期になっていた夏の森育に行くことができました。

9月になり、少し涼しくなりましたが、まだ森には夏がたくさん散らばっていて、

楽しい時間を過ごすことができました。

 

今回は『生き物と仲良くなる』が目標です。

まず最初にインストラクターの方からあるものをいただきました。

 

 

 

 

”ぼくはかえる!” ”私はだんごむし!”

もらったものは生き物のマグネットです。

 

 

 

それを使って、この森にどんな生き物たちが住んでいるか、お話を聞きました。

インストラクターの方がしてくれるお話に、自分が持っている生き物が出てきたら・・・

 

 

 

貼りに行きます。

 

 

 

 

始めは何も生き物がいなかった森に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなにたくさんの生き物が増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はとても生き物たちにとっていい季節だそうで、たくさんの生き物に出会えるみたいです。

でも、1つ大切なことを教えてもらいました。

”みんなには、生き物を捕まえるのではなくて、お友だちになってもらいたいなー”と・・・

いつも幼稚園でも、

「だんごむしを捕まえる」「バッタを捕まえる」と言っていた子どもたちは

すぐにはピンとこなかったようです。

”仲良くなるためには、まず『相手の気持ちを考える』ってことが大切なんだよ”

と、トカゲさんに協力してもらって、生き物とお友だちになる方法を教えてもらいました。

 

 

 

まず、みんなでトカゲさんの気持ちを考えてみました。

”手の上に載ってもらったトカゲさん、ぎゅっと握られるとどんな気持ちするかなぁ?”

「いややと思う!」「痛いと思う!」

”そうだね。じゃあ、おにぎりを握るみたいに手の形を三角にできる?”

みんなで練習します。

 

 

 

みんなとっても上手です。

 

 

 

 

 

”そして、びっくりしてるトカゲさんにお話してあげてください。

「私の名前は~です。あなたのこと叩いたり、ぎゅってしたりしません。

嫌なこと絶対しないよ。だから私とお友だちになってください」

 

 

 

 

 

 

 

 

すると・・・

 

 

走るのが大好きなトカゲが、大人しく手の上に載ってくれるようになりました。

この魔法みたいな出来事に子どもたちはびっくりです。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、生き物とお友だちになる方法がわかったところで森の奥に進みましょう!!

 

森の奥に進むとたくさんの生き物がお出迎えしてくれました。

子どもたちはさっそく、『お友だちになる方法』を実践してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

”たたいたり嫌なことしないから

お友だちになってください”

 

すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンプが得意なバッタも走るのが好きなとかげも逃げずにじーっとしています。

子どもたちの思いが伝わったのかもしれませんね。

 

 

他にもたくさんの生き物とお友だちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もみじにどんぐり・・・

秋の気配を感じながらの夏の森育でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

次は秋の森育。

また違った森の顔が見れることを楽しみにしています。

投稿日:2018/09/15 カテゴリ: