ブログ

一緒に考えよう!

あっという間に4月が終わり、5月を迎えます。

幼稚園の木々の新緑が目に映り、園庭の鯉のぼりが子どもたちと一緒に

元気に泳ぐ姿を見せてくれています。

幼稚園では、入園したお友達も少しずつ園生活に慣れ、楽しく過ごして

います。

 今日は、年長児さんが「スイミング活動」を行いました。

今日は、いつもと違う体験を行う日でした。「着衣泳」という体験を

行ないました。5月から始まるプール活動前に、貴重な体験です。

溺れたとき!!どうすればよいか?を学びました。保護者の方も一緒に

参加していただきました。

◎まずは、ご挨拶!!そして、水について、命についてお話を聞きました。

「水遊びは楽しい!プール大好き!ちょっぴり苦手!」と、気持ちは様々です。

真剣な眼差しで「コーチ」の話に耳を傾けていました。

◎まずは、見本をみましょう。

 「背浮き」のように浮かぶけれど、手や足を

どのようにすればよいかを教えていただきました。

 緊張して、体に力が入ってしまいます。洋服が水に

濡れると・・・・・重たく感じたようです。(スイミング終了後、教えてくれました。(^^)/)

まずは、いつものプールの中で浮きましょう。

次は、水の流れを機械で作って疑似体験です。

 流れを感じながら体験しました。

毎年、水遊び前に、年長児さんは伊予スイミングさんのご厚意で、貴重な体験を

させていただきます。年長児になると、これらの体験を貴重な時間として捉えて、

みんな真剣に考えて活動する姿があり、子どもたちの成長を感じました。

 新学期は、始まったばかりですが、様々な経験をとおして心身ともに豊かに成長

して欲しいと願っています。保護者の皆様、ご理解とご協力をいただきありがとうございました。

投稿日:2018/04/27 カテゴリ: