ブログ

園庭で発見!

2月2日(金)

今朝はとても寒くて、道路も凍っている場所がたくさんありました。

幼稚園の園庭にも、今年初の氷が・・・!

分かるでしょうか・・・!?

鉄棒についているのは水滴ではなく氷のつぶ!

園庭の遊具に氷がくっついていました(^^)

「これ・・・なあに??」

恐る恐る触ってみる子ども達。

 

「うわ~~つめたい!!!!」

上手にとれるかな??

「おかあさん、みてみて!」

お家の人に見せたり・・・・

「すべりだいにあったよ!」

教師や友達に知らせたり。

「おはなもこおってる!?」「つめたそう~~」「おはな、だいじょうぶ??」

心配する声も聞かれました。

 

「せんせい!みてみて~☆」

こんなに大きな氷も!

「そとのバケツのなかにあったよ!」「てがいたい~!!」

 

その氷、ちょっと顔の前にしてみて・・・と教師。

なんと・・・

 

氷のモザイク!(笑)

撮った写真を見せると子ども達も大喜びでした。

 

「あ~さむかった!」

氷を触った後はストーブでほっこり。冷たくなった手もすぐに暖まりました。

 

寒い朝ならではの自然に触れ、子ども達の生き生きした笑顔が見られました。

「小さい氷はすぐに溶けた」「氷は長く持っていると手が痛くなる」「溶け始めると、つるつる滑る」

一人ひとりに発見や気付きがあり、自然の偉大さを友達と共感しあうことができました。

今度は雪が積もるといいですね・・・☆

 

この後・・・

実は園庭の土も凍っていたようで、豆まきをする頃には園庭に水たまりがたくさん!

(このように凍っていたようです)

それでも子ども達は張り切って鬼と奮闘しました。

ですので今日は・・・少し靴が汚れてしまいました。

どうぞご了承くださいませ。

 

投稿日:2018/02/02 カテゴリ: