新着情報

†  秋の遠足 2016/10/27

 さわやかな秋の風が吹く10月21日、とべ動物園に遠足に行きました。「いつもなら起こさないといけないのに今日は自分から起きてきました。」「今日は支度も早かったです」等、朝のあいさつとともに何人もの保護者の声を聞きました。子どもたちは今日の遠足をとても楽しみにしていた様です。みんなといっしょに、大型バス、マイクロバス、園バスにとそれぞれに乗り込んで出発です。
 今日は、ひとりで行動するのではなく、いつも「みんな」といっしょにということを考えて集団行動を体験します。おおきな集団(園全体)で行動するときのきまりや約束を意識します。集合。バス乗降。歩き。いろいろな場面、時どきで約束したことを意識しできていたように思います。

1

 動物園では、年長さんは年少さんと満3歳さんの手を引いて、年中さんは年中さん同士で手をつないで巡ります。さまざまな動物を見ながら「ピースくんがおる」「この動物の名前知っとる」「走りよる」「けんかしよる」「今日は臭わんな」「もうすぐ大好きなぞうのところ」知っている動物、特徴を見ながら観察しながら「チーター格好いいな」友達同士の会話もはずみます。12時オランウータンの見事な綱渡りを見ることが出来ました。思わず子供たちから歓声と拍手がおこりました。
 「もう少しよ。お弁当食べるとこまで歩けるよ!」もう歩けないと音を上げてしまいそうな年少さんに年長さんが励ましの言葉をかけてくれました。途中、けがをした子に「痛かったね、大丈夫?」といたわりの言葉をかけています。

2

 モンキータウンで美味しいお弁当を食べてスネークハウスへ向かいました。子ども達の列の最後尾がスネークハウスを出たところで緊急地震速報が流れました。14時7分鳥取県で地震発生。強い揺れに備えてください(気象庁)速報音と先生の「地震よ」の声で子どもたちは咄嗟にダンゴムシのポーズをとる行動ができました。避難訓練の成果が発揮できていました。幸いにも揺れを感じることはありませんでした。訓練の大切さを実感しました。
 子どもたちの成長をいろいろなところに見ることができ、また確認することができた秋の遠足でした。
 年長さんは年少さんを思いやりいたわりそして、リーダーシップをとることにより責任と自信も体験してくれたことと思います。年中さんは集団で行動するときのルール、約束を守ることの大切さを理解してくれたことと思います。年少さんと満3歳さんは年長さんにあこがれと尊敬を抱いたことと思います。
 「みんな」といっしょにいろいろなことを経験して、少しずつ確実に力を蓄えていく子どもたちです。

 

海の星幼稚園
園長 山口 充子

 

Copyright (C) Rosario Educational Institution. All Rights Reserved.