マリア・モンテッソーリ女史

マリア・モンテッソーリ女史
マリア・モンテッソーリ(1870〜1952)はイタリアで生まれ、数学の能力に秀でた非常に頭のいい女性でした。
弱い者、しいたげられた者の立場に非常に敏感な心を持っており、素早くその人たちの側に立つセンスを持っていたと言われています。
やがて彼女は、数学をはじめとする学問である自然科学への興味と、弱い人たちと共にいる心の両方を生かすことのできる医学の道を志します。
ローマ大学医学部に史上初めて女性として入学しましたが、女性である彼女への風当たりは強く、幾度も医学への道を歩むことを断念しかかりました。
しかし、苦労の末、優秀な成績で大学を卒業し、ローマ大学付属病院の助手として働き始めました。
ある日、彼女が精神科医として精神遅滞児の収容施設をまわっていた時、子どもたちを監視する監視官が「この施設の子たちは食べ物をもってきたら、それに飛びつき、まさに動物以下だ。食べるためだけに生きていやがる」という発言を聞き、自然科学者として子どもたちの様子を見直してみました。
子どもたちが飛びつき欲しがっているのは、実は食べ物ではなく、手を使う為の遊び道具である事に気づいたのです。
「この子たちに手を使うにふさわしい何かを与えたら教育できるようになるかもしれない」そう考えたモンテッソーリは、この子どもたちの状態に合うようなものをつくるための研究を始めました。そして、これらの子どもたちのために編み出したものは思いがけないほどの効果を生み、これがモンテッソーリ教育の基盤となったのです。
Copyright (C) Rosario Educational Institution. All Rights Reserved.